古民家再生

・古くて趣きのある古民家を残したい。
・古民家をおしゃれにリフォームして住んでみたい。
・古民家の良さを理解してくれる方に住んでもらいたい。
・若い方たちに古き良き日本の古民家を活用して欲しい。
・古民家について相談に乗って欲しい。

日本の「古き良き」が詰まった古民家!いろいろなお話を明露堂にお聞かせ下さい。

古民家鑑定士について

古民家鑑定士とは、厚生労働省認可財団法人職業技能振興会により、古民家の評価をすることを目的に創設された公的な資格で、現在約1800名が全国で活躍しています。

古民家鑑定士はその名称通り、「古い民家の保存、活用、再利用を目的に、建築的見地および環境保全の見地に立ち、専門的な知識と技術を用いて、お客様に適切なアドバイス」を行ないます。
今まで古民家は固定資産税の観点から評価されており、「価値がない」とされてきました。
しかし古民家鑑定は、建築的見地、環境保護の観点、そして住文化の継承という諸点からの基準に基づいた評価を行っております。

田舎暮らしの人気が高まりを見せる一方で、古民家は買い手にとってリスクの高い商品でした。
古民家鑑定の意義の一つはこの問題の解決で、詳細な鑑定により古民家の商品としてのリスクを軽減することにより、古民家の流通市場が活性化します。
また、より多くの《本来は解体(=廃棄)されるかもしれなかった古民家》が活用され、環境負荷が非常に高いと言われる建築からの廃棄物の削減に繋がります。

更に、世界一とも言われる日本の木造建築技術の継承に繋がります。
古民家の鑑定をしますと、100年前の大工の技術の高さに驚かされます。
今では技術の高い大工や職人も、その腕を発揮出来る場面は少なく、次の世代に技術が受け継がれないことが危惧されています。
しかし、古民家の再生・補修や移築には、伝統的な日本の木造技術が要求されますから、日本の木造文化を支えてきた大工の技術を継承するうえで少なからず役に立つものと確信しております。

未来の子供達のために

温暖化対策をはじめ、環境問題を地球規模で大切に考えるようになってきた現在こそ、日本人の「もったいない」の精神を生かして「いいものをつくってきちんと手入れして長く大切に使う」と言うストック社会の考え方を普及させていきたいと考えます。

日本という風土の中では、「壊したくない」「次世代に住みつなげていきたい」という数値では測れない施主の気持ちを活かすことも、長寿命の住まい存続には重要であり、潜在的に持つ古材の癒し、暖かさ、美しさの要素が、さらなる先人の知恵とのコラボレーションによって、住む者にとって心地よく活かされることが必要不可欠であると考えています。

私たちは ・残念ながら解体しなくてはならない築60年以上の古民家 ・いい古民家だから、再活用して欲しい古民家 ・材木・瓦など新築時に、環境&想いから再活用できる古民家 の鑑定を熟練したプロの視点でさせて頂きます。

それが未来の子供たちの為になると信じて・・

詳しくはこちらをご覧ください


ページのトップへ

  • [ハウスクリーニング]岡山全域対応します
  • [不用品の出張買取・回収]ご不要の家電、遺品整理など
  • [古民家再生]古民家を現代のライフスタイルにあわせて
  • [家具修理]再塗装で古い家具が蘇る