ご挨拶

社名の由来

社名である「明露堂」、は禅語の「明歴々露堂々」に由来しています。
【明歴々露堂々】・・・“真理は探すものではなく目の前に露わに、そして堂々と存在しています。
もし見えないのであれば見ようとしていないか、目が曇っているに過ぎない“ 現代のように移り変わりの激しい時代に於いて、私たちは真実というものを見失いがちですが、 社名に込められた意味を念頭に置き、日々精進する企業で在り続けます。

明露堂の誓い

現在では多種多様な価値観が溢れていますが昔から変わらぬ「物を大事にし、使えなくなるまで使い切る」という真理は、間違いなく今日まで存在しています。
明露堂は「掃除」を通じ、「もったいない」精神を忘れることなく「未来の子供達のため」大切な想いを伝えてまいります。

快適な暮らしのために、掃除・ハウスクリーニニグ

「快適な毎日を送りたい」と、私たちが願う気持ちは今も昔も変わりません。
快適な生活は、新しい製品を買い揃えるだけで手に入るものでしょうか?いいえ、そうではありません。掃除が行き届き美しく清潔に整えられた住まいこそ、穏やかに安心して暮らすことができる快適な生活を送ることが出来る場所です。
明露堂は皆様方の快適な暮らしを、掃除・ハウスクリーニングを通じてお手伝い致します。

物を大切に ~ 「もったいない」から始めませんか

私たちの生活は物であふれています。安価で便利な物がたくさんあり、いらない物をどんどん捨て、すぐに欲しい物を手に入れることが当たり前になっています。
けれどもそれは、限りある地球の資源が急速に失われていることに他なりません。
「もったいない」という言葉を思い出してください。今まさに、私たちが捨てようとしている物の中には、それには価値があり利用したいと考えている方々がいます。
明露堂は、物を大切にし、新しい価値を見い出すお手伝いを致します。

未来の子供たちのために伝えたい 古き良き物

古き良き物には多くの先人たちの知恵が詰まっています。
例えば、古民家の大黒柱に使われている木材は、伐採後100年程でもっとも強度が高くなり、その後200~300年をかけて徐々に朽ちていきます。そのため、伝統的な日本の家づくりでは多くの古材が再利用されていました。
こうした循環型社会を今の暮らしの中で再現することは、コスト面などを考えると難しい一面もあります。
しかしながら、必ず後世に、未来の子供たちに、伝えなければなりません。
明露堂は古き良き物に次の生命を吹き込みます。

ページのトップへ

  • [ハウスクリーニング]岡山全域対応します
  • [不用品の出張買取・回収]ご不要の家電、遺品整理など
  • [古民家再生]古民家を現代のライフスタイルにあわせて
  • [家具修理]再塗装で古い家具が蘇る